夢野久太郎博士・総司令
〜Dr.Kyutaro Yumeno〜
演:島田順司

「夢野博士」の顔と「夢野総司令」の顔のギャップが激しい夢野博士。彼の口から5人が「優秀な科学者」であることが語られます。
初登場時は、子どもたちとサツマイモのガスで動く汽車(遊園地にでもありそうなもの)に乗って遊んでおり、後にダイナマンとなる5人には「本当に夢野博士なのか」と疑われる始末(^^;)そして、ダイナステーションへ5人を放り込み(そうとしか見えない^^;)、自分も夢野総司令へと早変わり。弾さん「ホントかよ…?」レイちゃん「しっぶーい(はあと)」星川さん「カッチョいい〜」あとの2人「うわあ…」と反応は様々。「すごい科学で守ります!」には「ものすごいコスチューム」と書かれていましたが、本当にすごい衣装でした。個人的には結構気に入っていたので、途中で代わってしまって残念(笑)

博士自身は、ダイナマンを「秘密戦士」として活動させたかったようですが、5人は第5話で早々とジャシンカに正体を明かしてしまいます。おかげで第4話での説得は無意味に。初期の数話を見る限り、ダイジュピターを発進させているのは彼だと思われます。彼がいないとき、ダイジュピターは発進できるのでしょうか?(確か、最終話付近でジャシンカに捕らわれますよね)

↑ではこう書きましたが、夢野博士がいなくてもダイジュピターはちゃんと発進できますね。心配するほどのことではなかったようです(笑)

それで、夢野博士がジャシンカに捕らわれてしまう原因となったのが、レトロ遺伝子。
レトロ遺伝子を開発したのは「遠山博士」という行方知らずの科学者でした。恋人を失うまで、遠山博士はレトロ遺伝子の研究に没頭しました。そして、レトロ遺伝子が恐ろしいものだと悟ったとき、恋人は既に他界していました。遠山博士はレトロ遺伝子を廃棄、名を「夢野久太郎」と変えて夢のある発明を、と「夢野発明センター」を開いたのでした。

しかし、廃棄したはずのレトロ遺伝子がひょんなことからジャシンカの手に渡ってしまいます。有尾人一族の尻尾を増やすことが出来るレトロ遺伝子。そのレトロ遺伝子がさらに流出しないように、夢野博士は単身レトロ遺伝子を廃棄した山へ向かいます。また遠山博士=夢野博士だと気づいたダイナマンたちと合流した際、なぜレトロ遺伝子のような恐ろしいものを作ったのか、と詰問されて「若かったんだよ。」と静かに答えます。若かったが故にレトロ遺伝子の本当の恐ろしさというものには目を向けなかった。取り返しのつかないことになってしまって初めて、恐ろしさに気づいた…。

夢野発明センターにかかっている「いつでも夢を」という言葉は、自分が冒してしまった過ちを、二度と繰り返してはならないという自分自身への戒めなのかもしれません。


人物紹介に戻る

inserted by FC2 system