親衛隊の皆様
〜キール、ギーラ、ビルギス〜

突然作ってみたくなったこのページ。ゼノビアより先に登場です。画面にはよく映ってるにもかかわらず、あまりパッとしない印象の親衛隊の皆様(と言っても3人ですが)。念のため、キール・ギーラはメギド王子に、ビルギスはゼノビア将軍にそれぞれ仕えています。姿は尻尾兵と同じですが、尻尾兵とは違い、服を着ています。進化獣にも命令を下したりしているところを見ると、どうやら尻尾兵よりは階級は上のようですが、尻尾の数は1本(多分)。

キール・ギーラは、どちらかといえば、メギド王子のお守り役というイメージが強いですね。最初に見せ場を作ったのが、尻尾を切り落とされて逆上したメギド王子を、なだめながら連れ帰るというシーンだったからかもしれません。しかし、メギド王子に対する忠誠は本物です。いつもピッタリとメギド王子に付き従い、必要とあればダイナマンとも戦う。たった8話限りの登場とはちょっと淋しかったですね。彼らが生きていれば、メギド王子はゼノビアに千年洞窟へ叩き落されることもなかったかも…。

ビルギスは、キール・ギーラに輪をかけて、殆ど印象のない親衛隊と言うよりは侍女と言ったほうがいいかもしれませんね。侍女という言葉どおり、ビルギスは女性です。ゼノビアの命令で動くのは変わりませんが、ダイナマンと戦うことはほとんどありませんでした。彼女もゼノビアと一緒に千年洞窟に幽閉されていたのでしょうか。その辺がちょっと曖昧だったのが残念。

この3人に共通しているのが、「悲劇的な最期」という点です。ダイナマンと戦って、死んでいったというのならまだ救いがあったでしょう。しかし、彼らの場合は、ダイナマンに倒されたのではありません。キール・ギーラの2人は、ジャシンカ帝国の人食い花に食べられてしまうという末路でした。ビルギスは、ゼノビアがレトロ遺伝子のシャワーを浴びている洞窟が爆発したときに、逃げられずに死んでいきました。合掌…


人物紹介に戻る

inserted by FC2 system