第22話 いたずら大戦争!

監督/服部和史  脚本/山中伊知郎  放映日/1983年7月2日

発明センターでは、エミちゃんが連れて来たネコを取り囲んで可愛がっていた。だが、レイだけは様子がおかしい。動物好きのレイは、ネコだけは苦手だという。それを聞いたユタカくんがネコをレイに仕向けてからかい、レイは逃げ出してしまった…。
その頃、街では子どもたちによる度のすぎたイタズラに大人たちは頭を悩ませていた。玄関に蛇をぶら下げたり、お金に糸をつけて拾おうとした人をからかったり、干してある布団に泥を投げつけたり…。
親に生卵をぶつけた子ども達が逃げ出した方向には、ネコシンカの姿が!

ネコシンカの吐き出すネコスモークを浴びた子どもたちは、大人たちに悉く反抗するようになる。子どもたちと大人たちが戦争を起こせば、手を下すこともなく地上を征服することができる。それが今回のジャシンカ帝国の狙いだった。

公園で遊んでいたユタカくんたちの前にもネコシンカが現れ、彼らにネコスモークを浴びせた!

弾たちは、子どもたちがイタズラで倒した自転車を元通りに直しつつ、何かがおかしいと思い始めていた。まさかジャシンカ帝国…?
発明センターに戻ってきた5人は、荒らされた部屋の様子に目を見張った。すると、外から子どもたちの囃し立てる声が…。
ユタカくんたちのイタズラだと分かった弾たちは、彼らを追いかける。
転んだエミちゃんを抱き起こしたレイは、エミちゃんの目の下に隈のようなものができていることに気づいた。と、エミちゃんが叫ぶ。
「助けて、ネコシンカ様!」
その声に応じるようにネコシンカが姿を現した。そして、エミちゃんを奪い、子どもたちを使ってダイナマンを牽制し、逃げ去った。

ネコシンカの煙を分析し、子どもたちのイタズラがその煙によるものということを突き止めたが、ダイナマンにはその狙いが分からない。とりあえず、ネコスモークにやられた子どもたちを救い出すことにした。

街ではさながらデモ行進のように、プラカードを持った子どもたちが行進していた。弾たちは止めようとするが子どもたちは聞く耳を持たずに歩いて行ってしまった。
塾をメチャクチャにした子どもたちを褒め称え、次の塾へ向かおうとするネコシンカを島とレイが発見した。公園で追い詰めるものの、レイがネコシンカを怖がってしまい苦戦する。奇妙なワザに苦しめられた挙句、ついに逃げられてしまった。

ダイナステーションで子どもとネコシンカを切り離す方法を考える弾、島、レイの3人。ネコシンカをおびき出せれば…という考えのもと、剣道ロボットにマタタビエキスを搭載して、その作戦を行うことにした。
準備が完了すると、星川と南郷から子どもたちが学校に篭城したとの知らせが入った。

校門のところで大人と喧嘩する子どもたち。門をよじ登ろうとした星川たちも墨が入った水鉄砲で攻撃され、手も足も出ない。そこへ弾たちも駆けつけ、例の作戦を仕向けた。

マタタビの匂いを吐くロボットに気づいたネコシンカは、逃げ出すロボットを追いかけ始めた。狙いどおり、子どもたちとネコシンカを切り離すことができた。ロボットに追いついたネコシンカに、星川の声が響いた。
「引っかかったな!ネコシンカ!」
弾たちはダイナマンに変身。再び子どもたちが襲ってきたのに驚くが、尻尾兵の変装であることを見抜いて倒していく。
ダイナ剣、クロスカッター、ブルーフリスビー、チェーンクラッシャー、ローズサーベルが尻尾兵に炸裂する。

ピンクを狙ってネコシンカの"招き猫変化"が発動する。尻尾兵が招き猫に変わり、ピンクは思わず放り出してしまう。次々と尻尾兵が招き猫に変わり、恐怖に震えるピンクをレッドが救出。ピンクもネコシンカの幻想を振り切った。
その後、スーパーダイナマイトとダイナロボでネコシンカを葬り去った。

ネコシンカを倒したことで、子どもたちのネコスモークも解除された。学校に篭城していた子どもたちも、机や椅子を片付け始めた。
発明センターでは、こんなイタズラは二度としないように、と厳重に注意が下されていた。
そこへレイの悲鳴が…。外へ出てみると、ネコに追いかけられたのか、木上に上ったはいいが降りられなくなってしまったレイの姿があった。ネコを籠にしまい、木から下ろす。男性陣に八つ当たりするレイだったが、逆に「ニャ〜オ!」とからかわれてしまうのだった。

 
コメント…

レイちゃん受難の回ですね。
出てくるネコたちは可愛いんですが、そのネコさえ怖がるレイちゃん。きっと、子どもの頃に何かあったんでしょう。何も悪いことしていないはずなのに、思い切りひっかかれたとか、噛み付かれたとか。

子どもたちが繰り広げたイタズラ、かなり度を越していましたね。でもあれで大人と子どもの間で戦争が起きるとは、とても思えないんですが(笑)
「勉強なんかしたくない!」「宿題減らせ!」と息巻いていた子どもたち、気持ちは分かるよ(笑)どうもこれだけはネコスモークとは関係ないような…。
inserted by FC2 system